加齢になると考えるべきこと

いよいよびくついていた50歳という年代に達してしまいました。

50歳になって先ずもって懸念していることは、やっぱし減退してしまう肌の老化ですよね。年輪を取ってくるとスキンの入れ替え作用であるターンオーバーシステムが落ちてきてしまいます。

ターンオーバーシステムは零時すぎの寝静まったころに力を発揮するのですが、太陽が出ている間の光(紫外線)の攻撃を受けた細胞のしみの根源となっているメラニンを排出しておニューな細胞と差し替えてくれます。

このたぐいの老化というのはあきらめようと思うのですが、このため私も導入しようと思っているのが酵素でございます。

酵素は人間がいのちを維持していくのに必要で、水や空気のようにかけがえのないものです。

ヒトの胃や腸などに生まれてからあって、消化とか代謝の支援をしてるんです。

加えて基礎代謝のパワーアップもしてくれちゃったりして、ターンオーバーの代謝システムもグッと上げてくれるという寸法です。

だけど、酵素もまた憎たらしい老化で初老を経過するあたりからみるみると減少していくんですよね。

なので酵素サプリや酵素ドリンクなどで、作為的に体内に取り込んでいく必要が出るということなんです。

日々のスキンケアでは皮膚の表面への美容成分の取り込みや保水はできますが、内部の細胞の老化を遅くするにはSOD酵素などの取り込みが大切になるみたいです。

私もそのことに早々に気づいたので、以降はガンガン年齢より若く見える地肌を目指していっちゃいますよ。

http://bsk-allin.xyz/